能登島ガラスコレクション展 ガラスの不思議な世界

会 期 2017年2月4日(土)~2017年4月9日(日)
開館時間 9:00~16:30  
*入館は閉館時間の30分前まで。4月からは17時まで開館します。
休館日 第3火曜日 (2月21日、3月21日)
入館料 個人 800円、 団体(20名以上) 700円、 中学生以下無料
主 催 公益財団法人七尾美術財団、七尾市

 

透明性と可塑性、儚さと強靭さをあわせ持ち、さまざまな表情を見せるガラスは、古代より人間の憧れを表現してきました。今年度の「能登島ガラスコレクション展」では、ガラス最大の特性である「透明性」とガラス独特の「色」、多種多様な形や装飾を可能にする「技法」、ガラスの輝きを引き出す「光」の関係性に着目してガラス素材の性質とその魅力を紹介し、当館コレクションを展観します。

ガラスと言えばまず無色透明のものを思い浮かべるのではないでしょうか。無色透明のガラスは可視光線のほぼ全てを透過します。また、可視光線の一部しか通さないものは透明ですが、色づいて見えます。一方で、あえて光の透過や屈折を否定した乳白ガラスを下地として色づけたガラスも存在します。そして、温度変化によって形を変え、かつ比較的柔らかいというその性質ゆえに、ガラスには数多くの技法が存在し、それによってガラスの造形表現も非常に多彩なものとなっています。この技法もまたガラスの魅力を引き出す見どころであると言えます。

これらの要素が重なり合って生まれたガラス造形の不思議な魅力と美を、どうぞご堪能ください。

展覧会  (PDFファイル)

 

sphere-1996 kiss-1999 1995

「SPHERE」
1996年、中尾祐子

「キス」
1999年、パヴェル・フラヴァ

「黒いボールのある水槽」
1995年、クレッグ・カレンバーガー

 

会期中のイベント

のとじま“ガラスの丘”プロジェクト  ガラ美でほっこり!ガラス彫刻体験

 日 時   1月から2月の毎週土曜日・日曜日
        土曜日 13:30~15:30 / 日曜日 10:00~12:00
        *1月2日(月)、3日(火)は、1日開催します
 参加費   300円
 所要時間  30分程