バーナーワークデモンストレーション

日  時 2019年8月11日(日・祝)、12日(月・振休) 各日10:00~16:00
場  所 美術館別棟2階 ※入場無料
実演者

11日:齊藤秀輝氏(金沢市在住)
   齊藤悠子氏(砺波市在住)
12日:齊藤秀輝氏(金沢市在住)
   高田範子氏(高岡市在住)

 

北陸在住の作家たちが、バーナーの炎でガラスを溶かし華麗な技を披露します。

 

作家紹介 ※五十音順

齊藤秀輝氏 SAITO, Hideki
1967年秋田県生まれ。ボロシリケイト(ホウ珪酸ガラス)を酸素バーナーで溶かして加工する作家。2008年まで能登で活動、2012年には工房を金沢に移している。ガラス加工具なども独自で作るほか、『ランプワークマガジン』(ジャパンランプワークソサエティ)にて技法や工具に関して寄稿(休刊のため2017年まで)。個展、グループ展多数開催。

 

齊藤悠子氏 SAITO, Yuko
1987年富山県砺波市生まれ。2010年より実家の鉄工所を手伝い始める。2012年蜻蛉玉に出会い、カラフルなアフリカントレードビーズを見た時の感動を創作の原点に、「蜻蛉玉 Fe」として一見ガラスには見えないような蜻蛉玉を主に制作している。

 

高田範子氏 TAKATA, Noriko
1976年富山県高岡市生まれ。1996年嵯峨美術短期大学デザイン学科卒業。1998年富山美術工芸専門学校デザイン学科卒業。富山ガラス工房吹きガラス講座受講。ガラスの魅力にひかれ、とんぼ玉の制作を始める。2002年よりとんぼ玉作品展に出品。個展多数開催。2004年工房LOCO設立。2010年富山ガラス造形研究所造形科入学、2012年に卒業。高岡の自宅アトリエにて制作。