海と桜を愛でる ガラス茶会

日 時 2013年4月20日(土)、21日(日) 10:00~15:00
会 場 美術館庭園 *雨天の場合、美術館カフェ内

1日目

glass tea1

1週間天気予報で、快晴ではないことは分かっていましたが、20日は曇り、21日は雨という天気な上に、気温が10℃前後というすごく寒い日となりました。会場には、急遽ストーブを出すなどの対応をさせていただきましたが、とにかく寒い!! 何とかセレモニーまでに準備を整えることができました。 10:00~ オープンニング・セレモニー 七尾市市長、日本ガラス工芸協会からは吉本 由美子先生、他にも美術館関係者や地元の方々を招待してセレモニーを行いました。参加者の中には着物の方もいて、とても華やかな式となりました。 悪天候で行う野点(のだて)形式の茶会にもかかわらず、沢山の人に参加していただきました。ガラス茶器を使うお茶会は初めてだという方も多く、「本当にガラス?!」と驚かれていました。どれも素敵な器ばかりなので、ゆっくり味わられている方もいらっしゃいました。

 

glasstea2 glasstea3

2日目

glasstea4 朝からあいにくの雨。会場を美術館カフェに変更して茶会を行いました。室内からだと桜が見えにくくなってしまいます。さてどうしたものか?・・・職員でアイディアを出しあい、考えたすえ会場内に桜をいけて代用することにしました。ソメイヨシノだけでなく、会場入り口には八重桜を飾りました。いけた桜は、職員の関係者が雨だからと持ってきてくれた桜です。ありがとうございます。 glasstea8glasstea5

会場が狭いため、混雑するかもと心配しましたが何とかスムーズに茶会を進めることが出来ました。 お茶会では、参加者が自分の好きな茶碗を選べるように勝田社中の皆様が手配してくださっていたそうです。勝田社中の皆様の粋な計らいで、お客様からも「すごく嬉しかった」という声をいただきました。

glasstea6

ガラスの茶碗という、今まで扱ったことのない茶器での茶会は、美術館にとっても不安でしたが、実際に点てる方にとっても大きなプレッシャーだったと思います。それでも、大きな事故もなく無事に終えることができたのは、勝田先生をはじめ社中の皆様のご協力とお茶会に参加していただいた方のおかげです。本当にありがとうございました。 glasstea7 これからも、美術館だけでなく、いろいろな方と協力しながら楽しいイベント企画していきたいと思います。