ガラスの科学展 -美しき造形の秘密-

silider

会期2014年7月5日(土)~8月31日(日)
休館日7月15日(火)
入館料一般 800円、団体(20名様以上) 700円、中学生以下無料
主催七尾市、公益財団法人七尾美術財団
協力金沢卯辰山工芸工房、公益財団法人石川県デザインセンター、
黄金崎クリスタルパーク・ガラスミュージアム
後援石川県教育委員会、七尾市教育委員会、NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ、テレビ金沢、
エフエム石川、ラジオななお

 

身近な素材として誰もが知っているガラス。一口にガラスといっても、いろんな種類があり、その特徴を活かして様々なガラス製品がつくられています。

ガラス製造の歴史は5000年にも及びます。人工素材であるガラスは、科学技術の発達とともに普及、発展してきました。今もなお、新たなガラスの開発は進められています。進化し続けるガラスは、可能性を秘めた魅惑の素材と言えます。

ガラスには、高温で熱すると水アメのような粘り気のある状態に溶け、冷えて固まると光を透過・反射させる性質があります。ガラスの様々な表情に魅せられた現代作家たちは、ガラスに対する豊富な知識を持ち、その扱いに慣れることで、表現のスタイルを広げています。

本展では、ガラス特有の効果、現象を造形に取り入れた現代ガラス作品35点をご紹介します。表現が多様化する現代ガラスアートの世界を科学の視点でわかりやすく解説します。また、ガラス素材の特徴についても科学的に解説します。

science

作品キャプション 左から
・「「小文間」シリーズ 2013-02」 藤原信幸、2013年
・「光華」 塚田美登里、2013年
・「空形 -ウツカタ-」 横山翔平、2013年

 

会期中のイベント・ワークショップ

わくわくワークショップ  イロんなガラスで!ガラスブローチ作り
日時: 2014年7月13日(日)、20日(日)
各日10:00~11:30、13:30~15:30
ガラ美キッズ  1日こども館長
日時: 2014年7月29日(火) 9:30~12:00

 

わくわくワークショップ  溶かして巻いて!ガラス玉作りプチ体験
日時: 2014年7月29日(火)
ガラスで不思議体験!バーナーワークデモンストレーション
日時:  2014年8月14日(木)~17日(日)
実演者: 齊藤 秀輝氏、高田 範子氏、宮村 和美氏(五十音順)
スペシャルワークショップ  ガラス作家 本郷仁さんとアートな万華鏡を作ろう!
日時: 2014年8月10日(日) 13:30~16:30