~ダリも魅せられた神秘の技法~ パート・ド・ヴェール展

会期2015年12月19日(土)~2016年4月3日(日)
休館日2015年12月29日(火)~2016年1月1日(金)、1月19日(火)
2月16日(火)、3月15日(火)
入館料高校生以上 800円、団体(20名以上) 700円、中学生以下 無料
会場展示室A、D *展示室B、Cでは 常設展示を開催
主催公益財団法人七尾美術財団、七尾市

仏語で“ガラスの練り粉”を意味する「パート・ド・ヴェール」とは、細かく砕いたガラスを窯で加熱し、溶かし、固めるガラス技法の名称です。古代から現代まで衰退と復興を繰り返したため、“幻の技法”、“秘伝の技法”とも言われました。
本展では、パート・ド・ヴェール技法で創作活動をおこなう現代作家6名の作品をはじめ、20世紀を代表する芸術家サルバドール・ダリがフランスのガラス会社ドーム社の依頼でデザインを行ったガラス作品をあわせた約40点を展示し、パート・ド・ヴェール技法による神秘的なガラス造形の魅力をご紹介します。

 

作家紹介

Himawari
安藤 ひかり (Hikari ANDO)
 1962年  東京都生まれ
 1974年~ 画家 吉加江京司氏に師事し、油彩画を学ぶ
 1984年  女子美術短期大学専攻科陶芸専攻 卒業
 1992年  東京ガラス工芸研究所 卒業
 1994年  日本現代ガラス展1994 (東京、石川)入選
 1995年  NEW GLASS REVIEW 17.20.21 (コーニングガラス美術館)入選
 1996年  ’96日本現代ガラス展・能登島(能登島ガラス美術館)奨励賞受賞
 2005年  ガラスのかたち展(金津創作の森)出品
        ひとのかたち展(志賀高原ロマン美術館)出品
 2008年  「家庭ガラス工房 キルンワーク」(ほるぷ出版)に制作協力
 現在    各地で個展等を開催 長野県在住


作品キャプション
「ひまわり」 1998年、個人蔵
 the box for bridde
今井 茉里絵 (Marie IMAI)
 1982年 京都府生まれ
 2001年 京都市立銅駝美術工芸高等学校陶芸科 卒業
 2005年 倉敷芸術科学大学芸術学部工芸学科ガラスコース 卒業
 2007年 富山ガラス造形研究所造形科 卒業
 2009年 富山ガラス造形研究所研究科 卒業
 2011年 第4回現代ガラス大賞展・富山2011 入選
        CRAFT@KUROBI 若手クラフト作家展(黒部市美術館)出品
 2013年 富山ガラス造形研究所助手 勤務
 2014年 第54回日本クラフト(東京) 入選
        伊丹国際クラフト展(兵庫) 入選

 現在、各地で個展等を開催 静岡県在住

作品キャプション
「花嫁の小箱」 2014年、個人蔵
  lamp stand
内田 邦太郎 (Kunitaro UCHIDA)
 1942年 京都生まれ
 1967年 東京藝術大学美術学部工芸科鋳金専攻 卒業
       大阪市立工業試験場無機化学課ガラス研究室に入所し、色ガラスの調合研究をする
 1968年 三友ガラス工芸株式会社入社、吹きガラス技法を学ぶ(~73年)
 1976年 パート・ド・ヴェール技法の再現に成功
 1987年 アート・グラス・オブ・ジャパン展(アメリカ) 招待出品
 1990年 朝日現代クラフト展ガラス部門 招待出品
 1992年 「幻想と色と形 内田邦太郎パート・ド・ヴェール作品集」出版
 2007年 企画展 内田邦太郎展(古川美術館・爲三郎記念館) 出品

現在、各地で個展などを開催 千葉県在住

1976年頃より、パート・ド・ヴェール技法を使った作品の制作をはじめ、全国各地で個展を開催

作品キャプション
「ピンクグリーン彩蝋流し文ループ付ランプスタンド」 2007年、個人蔵
 rain
加藤 尚子 ( Naoko KATO)
 1972年 神奈川県生まれ
 1996年 女子美術大学芸術学部工芸学科 卒業
 1998年 グラスアートクラス代官山講師 (~00年)
 2015年 第6回現代ガラス展 in 山陽小野田 審査員賞受賞

現在、女子美術大学芸術学部デザイン・工芸科 非常勤講師として勤務(01年~)
各地で個展などを開催 神奈川県在住


作品キャプション
「雨」 2013年、個人蔵
 MakikoTAKAHASHI
高橋 まき子 ( Makiko TAKAHASHI)
 1976年 神奈川県生まれ
 1998年 武蔵野美術大学短期大学部工芸デザイン科 卒業
 2000年 東京ガラス工芸研究所 卒業
 2004年 国際ガラス展・金沢2004 入選
 2005年 第2回かわさき現代ガラス展 入選
       第2回現代ガラス大賞展・富山2005 入選
 2006年 第3回現代ガラス展 in おのだ 入選
 2008年 第3回現代ガラス大賞展・富山2008 入選
 2010年 神奈川県にスタジオ「バウグラス」を設立
 2015年 第6回現代ガラス展 in 山陽小野田 入選

現在、各地で個展などを開催 神奈川県在住
作品キャプション
「風の化身」 2014年、個人蔵
 charming lady
西 悦子 (Etsuko NISHI)
 1955年 兵庫県生まれ
 1983年 プラットファインアート学校ガラス専攻(アメリカ) 修了
       ピルチェックガラス学校(アメリカ)で学ぶ (~85年、87年)
 1990年 オーストラリア国立大学大学院ガラス専攻 修了
 1997年 第1回現代ガラスの美展 IN 薩摩 鹿児島県知事賞受賞
 1999年 王立芸術大学大学院(イギリス) 準博士課程 修了
 2000年 拓殖大学工学部工業デザイン科非常勤講師 (~05年)
 2001年 国際ガラス展・金沢2001 パベル・フラバ賞受賞
 2012年 日本とアメリカのガラスマスターズ展(アメリカ)
 2014年 GLASS WAY RIGA-TOKYO 展(ラトピア)

現在、大阪芸術大学工芸科ガラスコース非常勤講師として勤務(05年~)
国内外で個展などを開催 神奈川県在住

作品キャプション
「チャーミングレディー」 2013年、個人蔵
サルバドール・ダリ Salvador DAli

1904年、スペイン・カタルーニャ北東部フィゲラスに生まれ。
マドリードのサン・フェルナンド王立美術アカデミーで学ぶ。在学中にフロイトの『夢判断』を読み、夢の精神分析に啓示を受け「偏執狂的批判的方法」と称する技法を発見。その後、『記憶の固執(柔らかい時計)』(1931年、ニューヨーク近代美術館蔵)などを描き、シュルレアリスム後期の代表的作家となる。
1989年に84歳で死去。
ドーム社 (1978年~

1878年、ジャン・ドーム(Jean DAUM、1825-1885)がフランス・ナンシーで創設したガラス用品製造会社。その後、長男 オーギュスト・ドーム(Auguste DAUM、1853-1909)が経営、弟アントナン・ドーム(Antonin Daum、1864-1930)が美術面や技術改良を担当する2人体制を行い、会社は大きく発展した。
ダリとドームの共同制作

1960年代ドーム社では、製造部門長のアントワーヌ・フロワッサールを中心にパート・ド・ヴェール技法の再興と製造技術の改良を行い、1968年頃から実際に作品をつくりはじめました。
パート・ド・ヴェール技法は鋳型を使用するため、デザイナー自身が直接鋳型の原型となる作品を作り込むことが出来、また作品の量産が可能です。
当時、経営を担当していたジャック・ドームは、サルバドール・ダリをはじめとする芸術家にデザインの提供を依頼し、パート・ド・ヴェール技法でガラス作品を制作しました。

 

会期中のイベント・ワークショップ

ガラ美の見どころトーク
当館学芸員が、展覧会の見どころや作品について解説します
日 時 第3日曜日 14:00~
参加費 無料(高校生以上の方は別途入館料が必要)

 

ガラ美でほっこり♪ガラス彫刻体験
日 時 毎週土曜日13:30~15:30、日曜日10:00~12:00
*1月2日(土)、3日(日)、10日(日)は1日開催
参加費 300円 (高校生以上の方は別途入館料が必要)