開催中の展覧会

会  期 2018年7月28日(土)~2018年11月4日(日)
開館時間 9:00~17:00 入館は閉館の30分前まで
休館日 8月21日(火)、9月18日(火)、10月16日(火)
入館料 個人(高校生以上)800円
団体(20名以上)700円
中学生以下は無料
出品作家 永木卓、オオタ硝子研究室、翁再生硝子工房、小谷栄次、小谷眞三、舩木倭帆 *50音順
主  催 石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
後  援 七尾市教育委員会 NHK金沢放送局 北陸放送 石川テレビ放送
テレビ金沢 北陸朝日放送 エフエム石川 ラジオななお
協  力 のとじま手まつり実行委員会、松尾地所株式会社 *50音順

 

ガラスを表現素材として用いる作家達の手によって、
いわゆるアートとしての作品だけでなく、
食器や花器など私達の身近にあるガラスのうつわのかたちにも、
多種多様な表現が展開されています。

作家が使い手の目線に立ち、
自身の提言や創意を織り交ぜ制作した
ガラスのうつわは、
見て楽しませてくれるだけでなく、
使うことで私たちの暮らしに彩りを与え、
豊かなものへと導きます。

本展では、暮らしに寄りそううつわに見る作家たちの表現をとおして、
ガラスのうつわの現在(いま)を探ります。

 

展覧会チラシ【PDFデータ】

 

永木卓
右/「レモン鉢」
  2018年、作家蔵
左/「ボウル」
  2018年、作家蔵
前/「ボウシ」
  2018年、作家蔵
オオタ硝子研究室
後/「大鉢 ネイビー」
  2018年、作家蔵

左/「リム皿 ダークグレー」
  2018年、作家蔵

前/「リム中皿 白」
  2018年、作家蔵
翁再生硝子工房
左/「カラフェ」
  2018年、作家蔵
右/「ワイングラス」
  2018年、作家蔵
小谷栄次
後/「デザートグラス 青」
  2018年、作家

前/「波紋大鉢 薄青」
  2018年、作家蔵
小谷眞三
右/「手付長角瓶」
  制作年不明、作家蔵
左/「白泡ゴブレット」
  制作年不明、作家蔵
前/「ワイングラス」
  制作年不明、作家蔵
舩木倭帆
後/「三彩花瓶」
  制作年不明、松尾地所株式会社蔵
前/「モザイク文鉢」
  制作年不明、松尾地所株式会社蔵

作品全て撮影/池田紀幸

 

関連プログラム

ビー玉で作るランプシェード
ビー玉を使って、ドーム型のランプシェードを作ります。

日  時: 8月4日(土)、5日(日)、10月20日(土)、21日(日)
    10:00~15:30 *12:00~13:30は受付休止
場  所:会議室
参 加 費:500円(高校生以上は別途入館料が必要)
所要時間: 約40分
定  員: 各日20名(予約不要)
対  象:子どもから大人までどなたでも

 

 

やさしいコーヒーの淹れ方講座
のとじま手まつり実行委員会との連携イベント。作家が制作したうつわを使いながら「やさしい」コーヒーの淹れ方を学びます。

日  時:9月16日(日)、23日(日・祝) 各日①10:00~、②14:00~
講  師:純喫茶 中央茶廊 マスター(アドバンスド・コーヒーマイスター) 窪 丈雄氏
場  所:別棟2F
参 加 費:500円
所要時間:約60分
定  員:各回8名
申 込 み:8月1日(水)から電話にて受付開始(定員になり次第締め切り)

 

 

次回展のお知らせ

透かし見る-ガラスの風景
会期:2018年11月10日(土)~2019年3月31日(日)

目に映る現実の風景に作家の視点が加わり、様々なかたちで表れた風景表現を紹介します。ガラスの向こう側に透けて見えるものに目を凝らしてみてください。