美術館について

当館は1991年に開館した美術館であり、世界各国の現代ガラス作家の造形作品を中心に400点近くの作品を収蔵しています。古今東西のガラス作品を紹介する企画展を開催し、ガラスを身近に楽しめるワークショップも行っています。

 

主な収蔵品

ピカソやシャガール、ジャン・コクトーなど20世紀の芸術家たちの案をもとに、ヴェネチアのガラス工房で作られた造形

中国清朝時代のガラス工芸

スペインの作家サルバドール・ダリとフランスのドーム社との共同制作による造形

国内外で活躍する現代作家によるガラスアート

 

 

設置目的
ガラス芸術の情報発信基地として国内外のガラス芸術活動の中枢的役割を果たし、カルチャーリゾート能登島の発展に寄与すること。

 

 

基本理念
ガラス専門の文化施設のパイオニアとして、国内外におけるガラス芸術制作への理念を深め、新たな創作へと発展させていく文化交流の拠点となる美術館

歴史的、世界的に評価されたガラス芸術作品の展示、収集、またガラス芸術に関するあらゆる情報の発信を行う美術館

美しい自然に恵まれた能登島を舞台に、魅力的な活動を行い、人々に広く親しまれ、開かれた憩いの場を提供する美術館