七尾市出身の漫画家! 宮下英樹原画展

週刊ヤングマガジン(講談社)に連載された戦国武将・仙石権兵衛秀久を主人公とした「センゴク」シリーズの直筆原画などを多数展示します。ぜひ、宮下さんの世界をお楽しみください。

チラシPDF

 

作家プロフィール

宮下 英樹 (みやした ひでき) 
1976年七尾市生まれ。大学在学中より漫画雑誌への投稿を始め、上京後は漫画家・竹下けんじろう氏の下でアシスタントをつとめながら投稿を続ける。平成13年(2001)、『春の手紙』が「第44回ちばてつや賞」で大賞を受賞し、漫画家デビュー。
主な作品としては高校の相撲部を舞台にした初連載作『ヤマト猛る!』、戦国武将・仙石権兵衛秀久が主人公の『センゴク』シリーズ5部作など。
現在は「天下分け目の戦い」として著名な「関ヶ原の戦い」をテーマとした『大乱 関ケ原』や、17世紀のドイツを中心に勃発した「三十年戦争」を題材とした『神聖ローマ帝国 三十年戦争』を連載中。

 

展示作品

『センゴク』コミック第1巻表紙
©宮下英樹/スタジオセンゴク
美濃出身の武将・仙石秀久を主人公に激動の時代を生き抜く仙石(=センゴク)の姿を描く。
週刊ヤングマガジン(講談社)で2004-2007年連載。
『センゴク天正記』コミック第2巻表紙
©宮下英樹/スタジオセンゴク
「センゴク」シリーズの第2部第2巻表紙は織田信長。
週刊ヤングマガジン(講談社)で2008-2012年連載。

 

 

会  期 2024年7月20日(土)-9月23日(月・祝)
開館時間 9:00-16:30  ※入館は16:00まで
休 館 日 8月20日(火)、9月17日(火)
場  所 石川県能登島ガラス美術館 別棟
※恐れいりますが、2階への移動は階段のみとなりますので、ご了承ください。
観 覧 料 無料