能登島ガラスコレクション 新収蔵品展~ガラスのカタチ~

会期  2017年10月28日(土)〜2018年4月15日(日)
開館時間 9:00〜17:00
*12月から3月まで、9:00〜16:30
*入館は閉館の30分前まで 
休館日 2017年11月21日(火)、12月19日(火)
12月29日(金)〜2018年1月1日(月・祝)
1月16日(火)〜19日(金)、2月20日(火)、3月20日(火) 
入館料  個人 800円、団体(20名以上)700円、中学生以上無料
主催  石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)

 

石川県能登島ガラス美術館は、平成25年度から平成28年度の4年間で、寄贈・購入作品あわせて83点のガラス造形作品を新たに収蔵しました。日本におけるガラス芸術の先駆者である岩田藤七、日本の美意識を反映させた「飾筥」シリーズで世界的にも高い評価を得た藤田喬平の作品をはじめ、現在も第一線で活動する現代ガラス工芸作家、また、今後の活躍が期待される若手作家による作品が加わりました。

ガラスは、高温で水あめのように柔らかな状態となり、自在にかたちを変える一方で、冷えて固まると光を透過・反射させる物質へと変化します。このような、ガラス特有の性質と向き合いながら、作家たちは私たちの認識を超えるガラスの姿を生み出しています。本展では、新たに収蔵した現代ガラス作品を中心に、“ガラスのカタチ=ガラスの多様な表現”について紹介します。

 

展覧会チラシ  PDFファイル

 

 

会期中イベント・ワークショップ

わくわくワークショップ 冬はガラ美でほっこり!ガラス彫刻体験

日  時  12月~2月の毎土日 【土曜日】13:30~15:30、【日曜日】10:00~12:00
所要時間  約30分
参 加 費  500円(別途入館料必要)

 

 

 

イ・ブル作品「出現」展示について

「出現」
イ・ブル、2001年、金沢21世紀美術館蔵

撮影:中道淳/ナカサアンドパートナーズ
画像提供:金沢21世紀美術館

 

特別展「BODY / DRESS」出品作品、イ・ブルの「出現」は、都合により2018年8月17日(木)に撤収いたしました。
何卒、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

BODY / DRESS

会  期 2017年7月15日(土)~2017年10月22日(日)
開館時間 9:00~17:00 入館は閉館の30分前まで
休館日 7月18日(火)、9月19日(火)、10月17日(火)
入館料 個人(高校生以上)800円、団体(20名以上)700円、中学生以下は無料
出品作家 イ・ブル 小田橋昌代 言上真舟 広垣彩子 松宮硝子 村山留里子
主  催 石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
後  援 七尾市教育委員会 NHK金沢放送局 北陸放送 石川テレビ放送
テレビ金沢 北陸朝日放送 エフエム石川 ラジオななお
助  成  mark_logo_kihon-1公益財団法人朝日新聞文化財団
協  力 金沢21世紀美術館 高橋コレクション
富山ガラス造形研究所 富山市ガラス美術館

 

 ガラスという工芸的な素材・手法を用いながらも、いわゆる「ガラス工芸」ではなく、現代を生きる人間の表現として、「身体」を強く意識させる作品制作を行っている女性作家によるグループ展。女性の身体、そして女性にとってもうひとつの皮膚とも言えるドレスを通して見える多様な価値観を紹介します。
 ガラスという素材を広く解釈し、独自の表現言語で自身の内部を表出する作家たちの造形は、時に煌びやかに、時に脆く痛々しく、時に禍々しさすら帯びながら見る者を圧倒します。
 本展では、ジャンル概念を超えて普遍的なテーマに向き合い、独創的な表現を行う作家の作品世界を通して、現代を反映する表現としてのガラス造形の可能性を探ります。

 

展覧会チラシ  PDFファイル

 

 「出現」(部分)
イ・ブル、2001年、金沢21世紀美術館蔵
Photo by NAKAMICHI Atsushi /  Nacása & Partners

Courtesy of 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

都合により、8月17日(木)に撤収いたしました。
何卒、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

「Katharsis」
広垣彩子、2011年、作家蔵
 「内なる世界へ Ⅷ」
小田橋昌代、2016年、石川県能登島ガラス美術館蔵
 「ガラス亡霊婦人」
村山留里子、2006年、高橋コレクション
画像提供 山本現代
 「Dance of a poetry.」
言上真舟、2014年、作家蔵
Photo by Hironori Tsukue

「Duquheapuer-grow-springup」
松宮硝子、2011年、作家蔵

 

関連プログラム

絵本のじかん~絵本で感じる作品世界
絵本の読み語りの後、学芸員が展覧会をご案内します。

日 時  8月20日(日)、9月17日(日) 各日10:30~、14:00~
場 所  多目的ラウンジ、展示会場
参加費  無料 (別途入館料必要)
所要時間  約40分
対 象  子どもから大人までどなたでもご参加いただけます。

 

 

板ガラスの表現 ~ひろがるかたち、無限の可能性~

 

会  期 2017年4月15日(土)~2017年7月9日(日)
開館時間 9:00~17:00  入館は閉館の30分前まで
休 館 日 4月18日(火)、5月16日(火)、6月20日(火)
主  催 石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
協  力 公益財団法人中信美術奨励基金、富山市ガラス美術館、樂翠亭美術館(50音順)
後  援  NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、
エフエム石川、ラジオななお

 

 熱によって柔らかく溶けたガラスを平らな板状に成形することで板ガラスは作られます。視線を遮らない透明性と平滑な面を持つ板ガラスは、例えば自動車用窓ガラスや建築資材として使用され、私たちの生活に欠かすことのできない製品の一つとなっています。

 板ガラスは、透明で無機質な素材ではありますが、見る角度を変えたり、光を受けたりすることで様々な表情を見せます。作家たちは、視点を動かすことで見えてくる色の深みや、反射によって鏡のように見る者の姿を映し出す、といった多様な変化を見せる板ガラスを、自身が持つイメージを具現する素材としてとらえ、重ね合せる、削る、磨く、曲げるといった技法を施しながら、独自の造形表現を生み出しています。

 本展では、板ガラスを用いて創作活動を行う現代作家5名(アビルショウゴ、家住利男、生田丹代子、小島有香子、所志帆)の作品を展示し、板ガラスによる表現の広がりと造形の魅力をご紹介します。

 

展覧会チラシ  PDFファイル

 

ABIRU_Beginning of journey IEZUMI_M.080704 IKUTA_Free Essence - 95 KOJIMA_Layers of Light -Moon-#6 TOKORO_-side(twist)

「旅の始まり」
アビルショウゴ、2013年
個人蔵

 「M.080407」
家住利男、2008年
個人蔵

「空-95」
生田丹代子、2016年
個人蔵
撮影 神崎順一

「Layers of Light -Moon-#6」
小島有香子、2010年
石川県能登島ガラス美術館蔵

「-side(twist)」
所志帆、2011年
個人蔵
撮影 岡村喜知郎

 

会期中のイベント

スペシャルワークショップ 「板ガラスでオブジェ作り」

 日  時  5月4日(木・祝)、6日(土) ①10:00~、②11:15~、③13:30~、④14:45~
 所要時間 約60分
 参 加 費  500円 (別途入館料)
 定  員  各回7名先着順 (予約不要)