生けるガラス-中川幸夫の花器

会  期 2020年9月5日(土)~12月13日(日)
開館時間 9:00~17:00
※12月から9:00~16:30
※入館は閉館の30分前まで
休 館 日 9月15日(火)、10月20日(火)、11月17日(火)
観 覧 料 一般 800(700)円、中学生以下無料
※高校生以上は一般料金
※()内は20名以上の団体料金および前売り料金
※前売券は、ローソン・ミニストップ、ファミリーマート、セブン-イレブンで取り扱い
 (JTB商品番号 0225997)
主  催 石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
協  力 あーらんどギャラリー、浦上蒼穹堂、富山県美術館、日本女性新聞社
有限会社フォトス、や和らぎ たかす ※50音順
後  援 七尾市教育委員会

 

香川県丸亀市生まれの中川幸夫(1918-2012)は既存の華道流派に属することなく、独自の花の表現を追求した孤高のいけばな作家です。3歳の時に事故による怪我が元となって脊椎カリエスを患った中川は、大阪の印刷会社で働くも、23歳の時に病気のために丸亀に帰郷し、池坊に所属していた伯母の元でいけばなを学びました。その後、作庭家の重森三玲が主宰する前衛いけばな研究グループ「白東社」に参加し、流派を超えた前衛いけばなの世界で活動します。38歳で東京に活動の場を移しますが、流派に属さないために弟子を取ることもできなかった中川は、極貧生活の中で自身のいけばなを貫きました。

花が生きて死ぬまでの姿を見つめ、朽ちていく過程をサディスティックとも言える手法で捉えた作品群は、中川の代表作として知られています。命そのもののありようを花で表現した中川の作品や制作態度は、ジャンルを超えて今なお多くの作家たちに影響を与えています。本展は、中川が自身のいけばなのために制作したガラス器を中心にその表現の世界を紹介するものです。

坩堝の中で溶解したガラスに感じた生命を花に重ね合わせ、ガラスを単なる花器としてではなく、花と等価の素材としていけばなの中で表現した中川のガラスには、血肉を持っているかのような生々しさ、生命感があります。中川幸夫の「花を生ける」ガラス、「生きた」ガラスをとおして、徹底して自由であり続けたその「命」の表現をご覧ください。

 

展覧会チラシ PDFデータ

 

作品紹介

ぼくの昆虫記/1990年/個人蔵  撮影:高橋章

 

花坊主/1973年/カーネーション900本、自作ガラス
撮影:牧直視
西方へ/1994年/百合、桔梗、サルビア、ユウカリ、鶏頭、金箔、自作ガラス
撮影:中川幸夫

 

花神に/1975年頃/個人蔵
撮影:高橋章
胎/1975年/貝、自作ガラス
撮影:新居義久

 

 

 

 

ガラスと光と

会  期 2020年5月16日(土)~8月30日(日) 開催中止
開館時間 9:00~17:00  ※入館は4時30分まで 
休 館 日 5月19日(火)、6月16日(火)、7月21日(火)、8月18日(火)
観 覧 料 800円(高校生以上)、700円(20名以上の団体)、中学生以下無料
主  催 石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
後  援 七尾市教育委員会、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、HAB北陸朝日放送、エフエム石川、ラジオななお
出品作家 井上剛、扇田克也、奥野美果、佐々木雅浩、小路口力恵 ※50音順

 

ガラスと光は、密接な関係にあります。技法を駆使して生み出された形や質感、ガラスの中の空間は、光と結びつくことで強調され、作品の印象を一変させます。光は、ガラスという素材の表情を引き立てる重要な要素の一つなのです。また、ガラスが光を反射拡散、あるいは内部に留めることで、手で触れることのできない光の存在を私たちに意識させます。ある時は眩しく、またある時は柔らかく、ガラスを通して見る光は多彩であり、ガラスは光を演出する装置のようでもあります。互いの存在を引き立たせる関係性をいかして生み出される造形は、見る者の感覚を揺さぶり、これまで気づかなかった新たな思考をもたらすことでしょう。光とガラスとによって浮かび上がる作品世界をご覧ください。

展覧会チラシ PDFファイル

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、開催が困難となったため中止します。

 

 

作品紹介

間-Ma/奥野美果/2002年/作家蔵 撮影:Nobu
ふくら/小路口力恵/2018年/作家蔵

超鋳玻璃主義/扇田克也/2019年/作家蔵

 

ヒのマ -錯-/井上剛/2018年/作家蔵
樹海#1802/佐々木雅浩/2019年/作家蔵

 

関連イベント

絵本のじかん~絵本で感じる作品世界~ 開催中止
日  時 2020年7月26日(日) 14:30~
所要時間 約40分
対  象 どなたでも
参 加 費 無料(別途観覧料必要)

 

スペシャルワークショップ 開催中止
日 時 2020年8月8日(土)、9日(日) 予定
講 師 佐々木雅浩氏(出品作家・愛知教育大学教授)

場 所 別棟2F
※詳細が決まり次第、お知らせします

 

 

色とりどりの

会  期 2020年2月22日(土)~8月30日(日) 会期延長
開館時間 9:00~16:30(4月から9:00~17:00)
入館は閉館の30分前まで
休 館 日  第3火曜日(3月17日、4月21日)
観 覧 料 個人(高校生以上)800円、 団体(20名以上)700円
中学生以下無料
主  催 石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)

 

光の性質や角度によって、美しい輝きを放つガラスはとても魅力的な素材です。そのガラスに鉱物を混ぜることで作り出された色ガラスは、ある時は宝石のような輝きで私たちの憧れをかき立て、またある時は、ポップな色彩で目を楽しませてくれます。本展では、石川県能登島ガラス美術館のコレクション作品から、彩(いろど)りにおいても、その表現においても、まさに「色とりどりの」作品を紹介します。

展覧会チラシ  PDFファイル

会期を延長して開催します。

 

作品紹介

百彩鉢 / 神田正之 / 2007年 /石川県能登島ガラス美術館蔵
撮影:岡村喜知郎

キス/パヴェル・フラヴァ
1999年/石川県能登島ガラス美術館蔵

ゴールデン・ウィング/西 悦子
2005年 /石川県能登島ガラス美術館蔵

ラスト・ダンス/トゥーツ・ジンスキー
2000年/石川県能登島ガラス美術館蔵

 

 

会期中のイベント

冬はガラ美でほっこり!ガラス彫刻体験(終了しました)
日 時  2019年12月から2020年2月までの毎土日
     土曜日 13:30~15:30、日曜日・祝日 10:00~12:00
会 場  展示室D横 会議室
参加費  500円(高校生以上は別途入館料必要)