ガラス茶会で使用した茶道具と器のご紹介

日 時 2013年4月20日(土)、21日(日)
会 場 美術館庭園
※雨天の場合、美術館カフェ内

 

「海と桜を愛でる ガラス茶会」で使用された、ガラス道具と茶器をご紹介します。これらの道具・茶器は全て、「日本のガラス展‘12」に出展されたガラス作家の方達によって制作されたものです。

 

風炉・釜

氷結
吉本由美子
耐熱ガラスで制作された風炉と釜。風炉は二重造になっており、外側にはすりガラス状の装飾が施されています。

glass tool32

 

水指

淡黄彩線文様水差
鍋田尚男
一見すると、陶器のように感じられますが、蓋をあけると十文文様が透明なガラスで表現されていて、底が見えるようになっています。

glass-tool5-1

 

薄器

縞模様硝子茶器 うらら
広沢葉子
淡い色で縞模様を表現している上品な作品。

glass tool6

 

蓋置

金子 正人
一見するだけでは、ガラスとは分からない質感をもつ作品。ガラス表面に金彩が施され、光にあてると輝き、さらに深みが増します。

glass tool26

 

香合

旭日
栗田 保久
六角形の香合。白い蓋の上に赤くて丸いガラスがつけられています。

glass tool16

 

杓立・建水

藤田 潤
どちらも、赤紫の吹きガラスに、金箔をまいた作品。光にさらすと、濃淡が出て素敵な色合いを見せてくれます。

glass tool3
glass tool4

 

茶杓
今回の茶会では、桜木で作られたものを使用しました。

 

菓子器

新倉 晴比古

glass tool54木精の器
 

 

吉井 こころ

glass tool56波紋

glass tool58若草光粒皿

 

茶碗

藤田 喬平
故人の作品ですが、今回の茶会のために特別出品していただきました。

glass tool2
glass tool1
硬質金・白金彩茶盌

 

吉本由美子

glass tool24千すじ
glass tool23水面
glass tool25
glass tool22吹藍

 

金子正人

glass tool29箔耀変
glass tool28甘露
glass tool27大地

 

栗田保久

glass tool18草原
glass tool21花香
glass tool20菱つなぎ

 

谷 祥一

glass tool34
glass tool13

 

玉田恭子

glass tool47たなごころ
glass tool45たなごころ

 

寺田光晴

glass tool12銀華

 

新倉晴比古

glass tool40若草色
glass tool41とき色

 

広沢葉子

glass tool9縞模様硝子茶碗
glass tool11
glass tool10金箔紋硝子茶碗「深緑」
glass tool8水玉紋硝子茶碗「二藍」

 

薄茶
万代昔/上林 詰

 

お菓子
生〆/香游