おうちでワークショップ:ビーズでヒンメリ

 

ヒンメリ(別名:光のモビール)とは、藁に糸を通して多面体にしたフィンランドの伝統的な装飾品。
様々な形のヒンメリを作り、それらを組み合わせて、幸福を願い飾るそうです。
今回は、ガラスのビーズで基本の形、正八面体のヒンメリを作ります。
マスターしたらいくつかつなげてみましょう。

準備するもの

・竹ビーズ/ 長さ 30 ㎜×12本
・テグス/ 長さ 60 ㎝程×1本
・はさみ 

 

作り方

1.今回は、長さが30 ㎜の竹ビーズを使います。まずテグスに竹ビーズ3本通します。

 

2.竹ビーズが三角形になるように、aの位置で固結びをします。
  ※5 ㎝ほどテグスを残して結びます。
  ※結ぶときは、ゆるみが出ないように注意して結ぶときれいにできます。力加減は、慣れるまで難しいかもしれません。

 

3.さらに竹ビーズを2本テグスに通し、三角形になるようにcの箇所で固結びます。
  同じようにして、竹ビーズを2本通し、三角形になるようdの箇所で固結びをします。

 

4.あと2回、同じようにして三角形を全部で5個作ったら、竹ビーズを1本テグスに通します。

 

5.aの位置で固結びをすると、立体になります。

 

6.aから出たテグスの1本を竹ビーズの中を通してbから出します。

 

7.出てきたテグスをgに結び、余分なテグスをカット。
  ※テグスを通すことが難しいときは、新たにテグスを準備して、bとgの角をあわせて固結びをすれば大丈夫です。

 

8.テグスを結び、吊り下げて飾ります。

 

 

あとがき

ストローを使ってもできるんです。好みの色や太さ、長さなどを変えて、オリジナルの素敵なモビールを作ってみてください。