イタリアのガラス彫刻~現代巨匠とヴェネチアの技~

会 期 2014年11月1日(土)~2015年4月19日(日)
休館日 11月18日(火)、12月16日(火)、1月20日(火)、2月17日(火)、3月17日(火)
年末年始:12月29日(月)~1月1日(木)
入館料 一般 800円、団体(20名以上) 700円、中学生以下無料
主 催 七尾市、公益財団法人七尾美術財団

 

古くからガラス工芸が息づくイタリアのヴェネチア。レースガラスをはじめとする美しいガラス工芸品は、ヴェネチアの重要な交易品として輸出され、ヨーロッパの王侯貴族達を魅了してきました。ヴェネチアン・グラス最大の魅力である、溶けたガラスを使った細やかな細工や繊細な装飾模様、そして柔らかい曲線のフォルムを持つガラス器は、現在も伝統の技を受け継ぐ職人達によって作られています。

20世紀になると、ヴェネチアのガラス工房では伝統的なガラス器を制作する一方で、建築家や芸術家をデザイナーとして招き、現代的なデザインを施した新しいスタイルのガラス作品が作られ始めます。1950年代には、ガラスを素材として用いて芸術作品を生み出そうとする動きが高まり、ヴェネチアの職人とデザイナー達のコラボレーションによる作品が数多く制作されました。 イタリアのガラス彫刻クリエイターのエジディオ・コスタンチーニもまた、自身のフッチーナ・デリ・アンジェリ工房にて、ピカソやシャガールをはじめとする芸術家達のデザインを基に、ヴェネチアの伝統の技をいかしながら、それまでにない芸術性の高いガラス彫刻作品を制作しています。

本展では、当館が収蔵するコスタンチーニ作品全43点を、期間中一部の作品を入れ替えながらご紹介します。芸術家達の自由な発想力と、ヴェネチアの伝統的な技をいかして制作されたガラス造形作品をご覧ください。

 

展覧会チラシ PDFファイル

 

作品キャプション *時計回り順に
「おどけたフクロウ」エジディオ・コスタンチーニ(パブロ・ピカソのデザインにもとづいて)/1962年
「フラメンコ-2人の踊り子」エジディオ・コスタンチーニ(パブロ・ピカソのデザインにもとづいて)/1964年
「巡り合い-恋人たち」エジディオ・コスタンチーニ(ジョルジュ・ブラックのデザインにもとづいて)/1954年
「大きなヤギ-トーテム」エジディオ・コスタンチーニ(ジャン・コクトーのデザインにもとづいて)/1962年
「新郎新婦-アンフォラ」エジディオ・コスタンチーニ(マルク・シャガールのデザインにもとづいて)/1955年

 

 

THE ALFEE 坂崎幸之助ガラスコレクション展~和ガラスに抱かれて~

会 期 2014年9月6日(土)~2014年10月26日(土)
休館日 9月16日(火)、10月21日(火)
入館料 一般 800円、団体(20名以上) 700円、中学生以下無料
主 催 七尾市、公益財団法人七尾美術館
後 援 北陸放送、石川テレビ、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオななお

 

時代の変化とともに姿を消していった多種多様な日常のガラス器。ガラスコレクターたちは、素朴な色彩やデザインに心躍らせ、そしてガラス器が歩んだ歴史に郷愁を感じるのだと言います。

THE ALFEE のメンバー坂崎幸之助氏もその一人。坂崎氏のガラス収集歴は20年以上になります。主な収集品は、明治から昭和にかけて国内で流通した日常生活のガラス雑器。中には、海外で製造され、日本で使われたものも含まれます。 坂崎氏がガラス収集を始めたきっかけは、丸い突起装飾のある小さなガラスコップでした。当初は、何気なく買い求めたものだったそうですが、所々の厚みが違っていたり、形がゆがんでいたり、その稚拙なつくりに愛着が湧いてきたのだそうです。

本展では、1,000点におよぶコレクションの中から、坂崎氏自ら選んだガラス器約250点を展示します。懐かしの醤油ビンやコップ、華やかなデザインの皿、可愛いガラスのおもちゃ、ブラックライトで怪しく輝くガラス器など、ガラス雑器の世界をコレクター坂崎幸之助の視点を通してご紹介します。  

 

展覧会チラシ PDFファイル

 

zarameglass

撮影 坂崎幸之助

 

会期中のイベント・ワークショップ

THE ALFEE 坂崎幸之助 ギャラリートーク報告
日時: 2014年9月13日(日) 13:00~

 

ガラ美キッズ 1日こども学芸員
日時: 2014年9月28日(日)13:30~16:30

ガラスの科学展 -美しき造形の秘密-

日 時 2014年7月5日(土)~2014年8月31日(日)
休館日 7月15日(火)
入館料 一般 800円、団体(20名様以上) 700円、中学生以下無料
主 催 七尾市、公益財団法人七尾美術財団
協 力 金沢卯辰山工芸工房、公益財団法人石川県デザインセンター、
黄金崎クリスタルパーク・ガラスミュージアム
後 援 石川県教育委員会、七尾市教育委員会、
NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオななお

 

身近な素材として誰もが知っているガラス。一口にガラスといっても、いろんな種類があり、その特徴を活かして様々なガラス製品がつくられています。 ガラス製造の歴史は5000年にも及びます。人工素材であるガラスは、科学技術の発達とともに普及、発展してきました。今もなお、新たなガラスの開発は進められています。進化し続けるガラスは、可能性を秘めた魅惑の素材と言えます。

ガラスには、高温で熱すると水アメのような粘り気のある状態に溶け、冷えて固まると光を透過・反射させる性質があります。ガラスの様々な表情に魅せられた現代作家たちは、ガラスに対する豊富な知識を持ち、その扱いに慣れることで、表現のスタイルを広げています。

本展では、ガラス特有の効果、現象を造形に取り入れた現代ガラス作品35点をご紹介します。表現が多様化する現代ガラスアートの世界を科学の視点でわかりやすく解説します。また、ガラス素材の特徴についても科学的に解説します。

 

展覧会チラシ PDFファイル

science 作品キャプション 左から
「「小文間」シリーズ 2013-02」 藤原信幸、2013年
「光華」 塚田美登里、2013年
「空形 -ウツカタ-」 横山翔平、2013年 

 

会期中のイベント・ワークショップ

わくわくワークショップ  イロんなガラスで!ガラスブローチ作り
日時: 2014年7月13日(日)、20日(日) 各日10:00~11:30、13:30~15:30

 

ガラ美キッズ  1日こども館長
日時: 2014年7月29日(火) 9:30~12:00  

 

わくわくワークショップ  溶かして巻いて!ガラス玉作りプチ体験
日時: 2014年7月29日(火)

 

ガラスで不思議体験!バーナーワークデモンストレーション
日時:  2014年8月14日(木)~17日(日)
実演者: 齊藤 秀輝氏、高田 範子氏、宮村 和美氏(五十音順)

 

スペシャルワークショップ  ガラス作家 本郷仁さんとアートな万華鏡を作ろう!
日時: 2014年8月10日(日) 13:30~16:30  

 

香りとファッションの美学展 ~香水瓶が魅せる美の世界

 

会 期  2014年4月19日(土)~2014年6月29日(日)
休館日  第3火曜日 (5月20日、6月17日)
入館料  個人 800円、 団体(20名以上) 700円、 中学生以下無料
主 催  公益財団法人七尾美術財団、七尾市
後 援  NHK金沢放送局、金沢テレビ、石川テレビ、北陸放送、エフエム石川、ラジオななお
監 修 平田幸子 (「パルファム」編集長)、津田紀代 (ポーラ文化研究所主任学芸員)
協 力  香りの専門誌「パルファム」、ポーラ文化研究所、大理石村・ロックハート城
企画協力 イデア文化教育研究所、E.M.I.ネットワーク

 

s3

 

香水瓶は、目には見えない香りの表情を伝えるため、香水が持つイメージに沿うようにデザインされています。 フランス革命後、王侯貴族の間で流行していた香水文化が一般富裕層にも広まります。 ガラスでつくられる瓶には、中身を一目で見ることができる透明性と品質を保つ高い気密性という利点があります。

また、香水の需要量が急激に増えた19世紀 において、安価で大量に生産できるガラス製香水瓶に注目が集まりました。さらにガラス素材は、自由自在に形や色を成形でき、ヴェネチアやボヘミアといった ガラス工芸が盛んな地域において、されぞれの特色を活かした新しい形式の香水瓶がつくられるようになります。

19世紀後半には、アール・ヌーヴォー様式を代表する作家エミール・ガレやドーム社により、自然の造形美をモチーフにした優美なデザインの香水瓶がつくられました。 やがて、ゲランやコティといった香水商達も、自社が生み出した香水を入れる瓶のデザインに注目し、ガラス会社や工芸作家達と連携して、技巧を凝らした香水瓶を制作します。

 20世紀に入り、ファッション界においてブランド概念が確立すると、装いを仕上げる要素として、各ブランドのコンセプトや美意識を象徴する香水が次々に誕生しました 。それに合わせ、ボトルデザイナー達によって、彼らのセンスを強く反映した香水瓶がデザインされます。

本展では、個人のコレクションを中心に、18世紀末から現代までの洗練された香水瓶とともに、ポーラ文化研究所蔵の当時のファッション版画を合わせて展示いたします。 香水瓶が表現する、魅惑の香りの世界をご堪能ください。

 

展覧会チラシ PDFファイル

 

 

s2

作品キャプション 

1枚目左から
・「卵型ケース入り香水瓶セット」 18世紀、フランス、ポーラ文化研究所蔵
・「くるみケース入り香水瓶セット」 18世紀末、イギリス、ポーラ文化研究所蔵
・「菊文香水瓶」 エミール・ガレ、フランス、1910年代、ポーラ文化研究所蔵
・「冬景色文様香水瓶」 ドーム社、フランス、1910年代、ポーラ文化研究所蔵

2枚目左から
・「ミツコ」 ゲラン、フランス、1919年
・「ニュイ・ド・シーヌ」 ロジーヌ(ポール・ポワレ)、フランス、1913年、ポーラ文化研究所蔵
・「カボシャール」 グレ、フランス、1900年
「レール・デュタン」 ニナ・リッチ、フランス、1948年

 

 

会期中のイベント・ワークショップ

わくわくワークショップ自由に描こう!香りのイメージ画
日時: 2014年5月4日(日)、11日(日) 各日10:00~11:30、13:30~15:30

 

能登島ガラススタイル  オリジナルアロマ香水と香水瓶作り
日時: 2014年6月22日(日) ①10:00~12:00、②14:00~16:00