~ダリも魅せられた神秘の技法~ パート・ド・ヴェール展

会 期 2015年12月19日(土)~2016年4月3日(日)
休館日 年末年始:2015年12月29日(火)~2016年1月1日(金)、1月19日(火)
2月16日(火)、3月15日(火)
入館料 高校生以上 800円、団体(20名以上) 700円、中学生以下 無料
会 場 展示室A、D *展示室B、Cでは 常設展示を開催
主 催 公益財団法人七尾美術財団、七尾市
協 力 公益財団法人諸橋近代美術館、ガラスギャラリー カラニス
後 援 NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオななお

 

仏語で“ガラスの練り粉”を意味する「パート・ド・ヴェール」とは、細かく砕いたガラスを窯で加熱し、溶かし、固めるガラス技法の名称です。古代から現代まで衰退と復興を繰り返したため、“幻の技法”、“秘伝の技法”とも言われました。

本展では、パート・ド・ヴェール技法で創作活動をおこなう現代作家6名の作品をはじめ、20世紀を代表する芸術家サルバドール・ダリがフランスのガラス会社ドーム社の依頼でデザインを行ったガラス作品をあわせた約40点を展示し、パート・ド・ヴェール技法による神秘的なガラス造形の魅力をご紹介します。 

 

展覧会チラシ PDFファイル

 

作家紹介

安藤 ひかり (Hikari ANDO)
1962年  東京都生まれ
1974年~ 画家 吉加江京司氏に師事し、油彩画を学ぶ
1984年  女子美術短期大学専攻科陶芸専攻 卒業
1992年  東京ガラス工芸研究所 卒業
1994年  日本現代ガラス展1994 (東京、石川)入選
1995年  NEW GLASS REVIEW 17.20.21 (コーニングガラス美術館)入選
1996年  ’96日本現代ガラス展・能登島(能登島ガラス美術館)奨励賞受賞
2005年  ガラスのかたち展(金津創作の森)出品
ひとのかたち展(志賀高原ロマン美術館)出品
2008年  「家庭ガラス工房 キルンワーク」(ほるぷ出版)に制作協力

現在    各地で個展等を開催 長野県在住

作品キャプション: 「ひまわり」 1998年、個人蔵

Himawari

 

the box for bridde

今井 茉里絵 (Marie IMAI)
1982年 京都府生まれ
2001年 京都市立銅駝美術工芸高等学校陶芸科 卒業
2005年 倉敷芸術科学大学芸術学部工芸学科ガラスコース 卒業
2007年 富山ガラス造形研究所造形科 卒業
2009年 富山ガラス造形研究所研究科 卒業
2011年 第4回現代ガラス大賞展・富山2011 入選
        CRAFT@KUROBI 若手クラフト作家展(黒部市美術館)出品
2013年 富山ガラス造形研究所助手 勤務
2014年 第54回日本クラフト(東京) 入選
        伊丹国際クラフト展(兵庫) 入選
現在、各地で個展等を開催 静岡県在住

作品キャプション:「花嫁の小箱」 2014年、個人蔵

内田 邦太郎 (Kunitaro UCHIDA)
1942年 京都生まれ
1967年 東京藝術大学美術学部工芸科鋳金専攻 卒業
       大阪市立工業試験場無機化学課ガラス研究室に入所し、色ガラスの調合研究をする
1968年 三友ガラス工芸株式会社入社、吹きガラス技法を学ぶ(~73年)
1976年 パート・ド・ヴェール技法の再現に成功
1987年 アート・グラス・オブ・ジャパン展(アメリカ) 招待出品
1990年 朝日現代クラフト展ガラス部門 招待出品
1992年 「幻想と色と形 内田邦太郎パート・ド・ヴェール作品集」出版
2007年 企画展 内田邦太郎展(古川美術館・爲三郎記念館) 出品
現在、各地で個展などを開催 千葉県在住

作品キャプション
「ピンクグリーン彩蝋流し文ループ付ランプスタンド」 2007年、個人蔵

lamp stand

 

rain

加藤 尚子 ( Naoko KATO)
1972年 神奈川県生まれ
1996年 女子美術大学芸術学部工芸学科 卒業
1998年 グラスアートクラス代官山講師 (~00年)
2015年 第6回現代ガラス展 in 山陽小野田 審査員賞受賞
現在、女子美術大学芸術学部デザイン・工芸科 非常勤講師として勤務(01年~)
各地で個展などを開催 神奈川県在住

作品キャプション:「雨」 2013年、個人蔵

 

高橋 まき子 ( Makiko TAKAHASHI)
1976年 神奈川県生まれ
1998年 武蔵野美術大学短期大学部工芸デザイン科 卒業
2000年 東京ガラス工芸研究所 卒業
2004年 国際ガラス展・金沢2004 入選
2005年 第2回かわさき現代ガラス展 入選
       第2回現代ガラス大賞展・富山2005 入選
2006年 第3回現代ガラス展 in おのだ 入選
2008年 第3回現代ガラス大賞展・富山2008 入選
2010年 神奈川県にスタジオ「バウグラス」を設立
2015年 第6回現代ガラス展 in 山陽小野田 入選
現在、各地で個展などを開催 神奈川県在住

作品キャプション:「風の化身」 2014年、個人蔵

MakikoTAKAHASHI

charming lady

西 悦子 (Etsuko NISHI)
1955年 兵庫県生まれ
1983年 プラットファインアート学校ガラス専攻(アメリカ) 修了
       ピルチェックガラス学校(アメリカ)で学ぶ (~85年、87年)
1990年 オーストラリア国立大学大学院ガラス専攻 修了
1997年 第1回現代ガラスの美展 IN 薩摩 鹿児島県知事賞受賞
1999年 王立芸術大学大学院(イギリス) 準博士課程 修了
2000年 拓殖大学工学部工業デザイン科非常勤講師 (~05年)
2001年 国際ガラス展・金沢2001 パベル・フラバ賞受賞
2012年 日本とアメリカのガラスマスターズ展(アメリカ)
2014年 GLASS WAY RIGA-TOKYO 展(ラトピア)
現在、大阪芸術大学工芸科ガラスコース非常勤講師として勤務(05年~)
国内外で個展などを開催 神奈川県在住

作品キャプション:「チャーミングレディー」 2013年、個人蔵

 

サルバドール・ダリ Salvador DAli

1904年、スペイン・カタルーニャ北東部フィゲラスに生まれ。
マドリードのサン・フェルナンド王立美術アカデミーで学ぶ。在学中にフロイトの『夢判断』を読み、夢の精神分析に啓示を受け「偏執狂的批判的方法」と称する技法を発見。その後、『記憶の固執(柔らかい時計)』(1931年、ニューヨーク近代美術館蔵)などを描き、シュルレアリスム後期の代表的作家となる。
1989年に84歳で死去。

ドーム社 (1978年~

1878年、ジャン・ドーム(Jean DAUM、1825-1885)がフランス・ナンシーで創設したガラス用品製造会社。その後、長男 オーギュスト・ドーム(Auguste DAUM、1853-1909)が経営、弟アントナン・ドーム(Antonin Daum、1864-1930)が美術面や技術改良を担当する2人体制を行い、会社は大きく発展した。

ダリとドームの共同制作

1960年代ドーム社では、製造部門長のアントワーヌ・フロワッサールを中心にパート・ド・ヴェール技法の再興と製造技術の改良を行い、1968年頃から実際に作品をつくりはじめました。
パート・ド・ヴェール技法は鋳型を使用するため、デザイナー自身が直接鋳型の原型となる作品を作り込むことが出来、また作品の量産が可能です。当時、経営を担当していたジャック・ドームは、サルバドール・ダリをはじめとする芸術家にデザインの提供を依頼し、パート・ド・ヴェール技法でガラス作品を制作しました。

 

 

会期中のイベント・ワークショップ

スペシャルイベント ガラ美の見どころトーク
当館学芸員が、展覧会の見どころや作品について解説します
日 時 第3日曜日 14:00~
参加費 無料(高校生以上の方は別途入館料が必要)  

 

ガラ美でほっこり♪ガラス彫刻体験
日 時 毎週土曜日13:30~15:30、日曜日10:00~12:00
*1月2日(土)、3日(日)、10日(日)は1日開催
参加費 300円 (高校生以上の方は別途入館料が必要)  

 

 

3つのテーマでみる 能登島ガラスコレクション展 

会 期 2015年10月3日(土)~2015年12月13日(日)
休館日 10月20日(火)、11月17日(火)
入館料 高校生以上 800円、団体(20名以上) 700円、中学生以下 無料
会 場 全展示室
主 催 公益財団法人七尾美術財団、七尾市

 

当館のコレクションは、ピカソやシャガールなど芸術家たちのデザインをもとにイタリア・ヴェネチアで制作された「現代ガラス彫刻」、18世紀以降に制作された玉(ぎょく)のような独特の光沢をもつ「中国清朝のガラス工芸品」、作家独自の発想で制作された「現代作家の作品」の3つに分けることができます。 本展では、展示室ごとに1つのテーマに沿って作品を展示し、それぞれの作品の特徴や魅力をご紹介します。

展覧会チラシ PDFファイル

 

作品キャプション(左より)
「おどけたフクロウ」エジディオ・コスタンチーニ(パブロ・ピカソのデザインに基づいて)、1962年
「青地黄被花鳥文瓶」中国清朝、18世紀
「IMPERFECT FOR YOU」キャロル・ミルネ、2010年

map  

会期中のイベント

能登島“ガラスの丘”プロジェクト ガラ美感謝祭 2015 島のクラフトカフェ in ガラ美 第2弾
日 時  2015年10月17日(土)、18日(日) 10:00~16:00
場 所  石川県能登島ガラス美術館別棟(旧カフェ棟)  

 

能登島“ガラスの丘”プロジェクト ガラ美感謝祭 2015 ガラ美キッズ・こども学芸員
日 時  2015年10月25日(日) 13:30~16:30
定 員  10名 要申込み
対 象  小学校4~6年生 

 

Let’s enjoy! 現代ガラス ~不思議な世界へ出かけよう~

会 期 2015年7月11日(土)~2015年9月27日(日)
休館日 7月21日(火)、9月15日(火)
入館料 高校生以上 800円、団体(20名以上) 700円、中学生以下 無料
会 場 展示室A、D  *展示室B、C では、常設展示を開催
主 催 公益財団法人七尾美術財団、七尾市
協 力 アートビオトーブ那須
後 援 石川県教育委員会、七尾市教育委員会、NHK金沢放送局、北陸放送、
石川テレビ放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオななお

 

私たちが日常生活で目にするガラスは、硬くて、透明で、光を透過・反射してキラキラと輝きます。その一方で、ガラスは高温で熱すると真っ赤になり、溶け出して水アメのようにドロドロと粘り気のある状態にもなります。

本展では、「透ける」、「光る」、「割れる」、「溶ける」など、ガラス素材の特徴にふれながら、世界で活躍する作家たちが制作したガラス造形の見どころを紹介します。 また、会期中にはガラス素材、ガラス工芸を体験できるイベントも多数開催します。 現代ガラス・アートの不思議な世界へみなさんをご案内します。

展覧会チラシ PDFファイル

 

現代ガラス_02 現代ガラス_01 現代ガラス_03
「エコー・チェンバー’94H」
デヴィッド R.ハッチハウゼン、1994年
個人所蔵
展示場所: 展示室A
「シー・フォームズ」
デイル・チフーリ、1994年
個人所蔵
展示場所: 展示室A
「プレイボーイ」
伊藤孚、1994年
個人所蔵
展示場所: 展示室A

 

現代ガラス_04 光廊  Captive Gaze ~the wall~
「ストーン・グルーピング754」
カーチス R.ブロック、1992年
個人所蔵
展示場所: 展示室D
「光廊」
本郷仁、2011年
石川県能登島ガラス美術館所蔵
展示場所: 館内廊下
 「Captive Gaze ~the wall~」
本郷仁、2015年
展覧会の期間中のみ、屋外で展示します。
「見る」ということをテーマに制作した作品です。
展示場所: 屋外庭園

 

 

会期中のイベント

スペシャルイベント 「ガラスで遊ぼう!ガラスで学ぼう!」
日 時  7月19日(日) 10:00~12:00、14:00~16:00
参加費  無料(高校生以上の方は、別途入館料必要)  

 

スペシャルワークショップ 「作家さんと一緒に作ろう!ガラスアート作品
日 時  8月9日(日) 13:30~16:30
講 師  本郷 仁さん
参加費  2,000円

 

スペシャルイベント 「ガラスで不思議体験!バーナーワークでデモンストレーション
日 時  8月14日(金)~16日(日) 10:00~16:00
見学料  無料(高校生以上の方は、別途入館料必要) 

 

スペシャルワークショップ「イロんなガラスで作ろう!ブローチ&キーホルダー作り
日 時  9月20日(日)、21日(月・祝)
参加費  500円(高校生以上の方は、別途入館料必要)
定 員  各日先着50人        

 

アール・ヌーヴォーのガラス ~ガレ、ドームが愛した自然~

 

会 期 2015年4月25日(土)~2015年7月5日(日)
休館日 5月19日(火)、6月16日(火)
会 場 展示室A、D *展示室B、Cでは常設展示を開催
入館料 高校生以上 800円 / 団体(20名以上) 700円 / 中学生以下 無料
主 催 公益財団法人七尾美術財団、七尾市
協 力 イセ文化財団、ウッドワン美術館、神谷美術  *50音順 
後 援 NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオななお

 

アール・ヌーヴォーとは、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に起こった、装飾美術の革新的な運動です。それまで、過去の様式や異国の美術を模倣した作品が作られた状況に対し、美術や工芸、建築を中心に自然の植物にみられるような流動的な曲線模様を用い、華麗で自由な新しい表現が生まれました。

また、日本美術の影響を受けて、自然の動植物の本質を見極め、デザインや造形にいかそうとする姿勢もみられます。 ガラス工芸の分野では、フランスの工芸家エミール・ガレやドーム兄弟が中心となり、数多くの優れた作品を作り出しました。彼らの作品には、自然に実在する植物や生物の姿が表現され、生命が持つ力強さや儚さ、そして美しさが感じられます。

本展では、ガレが1898年のパリ万国博覧会に出品した作品を含む優品約70点を「花」「森」「海」の3つのテーマに分けて展示します。2011年に「能登の里山里海」が世界農業遺産に登録されました。能登半島の自然豊かな島に建つ美術館で、自然の造形美を表現したアール・ヌーヴォーのガラス作品をぜひご覧ください。

展覧会チラシ PDF ファイル

 

 

会期中のイベント

スペシャルワークショップ アール・ヌーヴォー風のフォトフレーム作り
日 時 2014年5月3日(日)、4日(月・祝) ①10:00~、②11:00~、③13:30~、④14:30~
参加費 500円

 

のとじまガラス・スタイル ガラス保存瓶の楽しみ方 能登の自然を詰めよう♪
日 時 2014年6月14日(日) ①10:00~12:00、 ②13:30~15:30
参加費 1,000円
定 員 各回10名 (要申込み)